• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、伊勢神宮の内宮 (ないくう) と外宮 (げくう) の中間の間 (あい) の山に小屋掛けし、三味線・胡弓 (こきゅう) などを弾いて歌い、旅人から銭をもらっていた女芸人。→間 (あい) の山節