[名](スル)
  1. 諸国を回って歩くこと。

    1. 「吾子を尋ね当てる為、六十余州を―して」〈漱石草枕

  1. 回国巡礼」の略。

[名](スル)
  1. 過失・失態・非行などを強く戒めること。「厳重に―する」

  1. (戒告)公務員などの職務上の義務違反に対する懲戒処分の一。本人に将来を戒める旨の申し渡しをする。もと「譴責 (けんせき) 」といった。

  1. (戒告)行政上の義務の履行を催告する通知行為。代執行の前提となるもの。

四方が海に囲まれた国。海の利用によって繁栄を図る国。「海国日本」

[名](スル)
  1. 外国との交際、通商を始めること。「日本は安政の仮条約で開国した」⇔鎖国

  1. 初めて国を開くこと。建国。肇国 (ちょうこく) 。

[名](スル)印鑑を彫り直すこと。印面を削り、新たに文字を彫ること。

出典:青空文庫