【お知らせ】メンテナンスのため、5/26(火)10時〜15時は閲覧履歴・ブックマーク機能がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

毎月の20日以後。下旬。げかん。→三澣 (さんかん) 

[名](スル)見下ろすこと。俯瞰 (ふかん) 。
[名](スル)
  1. 昔、男子が元服のときに初めて冠をつけること。また、その儀式。初冠 (ういこうぶり) 。

  1. 元服する人に冠をかぶらせる役。また、その人。ひきいれ。

数学で、演算や操作の順序を入れ換えても結果が同じになること。実数の加法・乗法など。

一つの花の花びら全体。

[補説]書名別項。→花冠

花のあいだ。「花間の蝶」

  1. 銀河。天の川。銀漢。

  1. 黄河と漢水。

中国代の官職名の一。六官 (りっかん) の一つで、軍政をつかさどる。

他人の手紙を敬っていう語。お手紙。華墨。

わざわい。災難。不幸。

[形動][文][ナリ]決断力に富み、物事を思いきってするさま。「果敢な行為」「勇猛果敢」
[派生]かかんさ[名]

呉茂一によるギリシャ叙情詩の訳詩集。昭和22年(1947)みすず書房より刊行。昭和48年(1973)、紀伊国屋書店から刊行された版により、同年、第10回日本翻訳文化賞を受賞。

出典:青空文庫