• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ダ下二]書き表す。
  • 「いささかそばそばしげなる気色もなく、うらもなげに―・でて」〈夜の寝覚・四〉

[動ダ下二]

  1. 掻 (か) き出 (だ) す1」に同じ。

    1. 「さが尻を―・でて、ここらの公人 (おほやけびと) に見せて、恥を見せむ」〈竹取

  1. 掻き出 (い) だす2」に同じ。

    1. 「御髪を―・でて見給へば」〈・夕霧〉