• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

最後の機会。

「あやにくに―しも入れ奉らずなりにしよ」〈・蜻蛉〉

《命には限度があり、どうしても行かなくてはならない旅の意から》死んであの世へ行くこと。死出の旅。

「はかなき御悩みと見ゆれど、―にもおはしますらむ」〈・椎本〉