古漬けを細かく刻んで塩出しし、醤油をかけたもの。江戸時代の初め、徳川家康の料理人岩下覚弥の創始とも、高野山の隔夜堂の歯の弱い老僧のために作られたからともいう。

  1. ひと晩おき。

  1. ひと晩ごと。

  1. ひと晩ずつ神社仏閣を泊まり歩いて修行すること。隔夜参詣。隔夜詣 (かくやもうで) 。

    1. 「鈍太郎殿は、元結 (もとゆひ) を切って、―におでやったと申したが」〈虎明狂・鈍太郎