《「か」は梶 (かじ) 、「こ」は人の意》舟をこぐ人。また、船乗り。船頭。

「月読 (つくよみ) の光を清み夕なぎに―の声呼び浦廻 (うらみ) 漕ぐかも」〈・三六二二〉

《「かご」とも》シカ。また、シカの子。

「名児 (なご) の海を朝漕ぎ来れば海中 (わたなか) に―そ鳴くなるあはれその―」〈・一四一七〉

  1. 現在より以前の時。過ぎ去った時。昔。「過去を振り返る」

  1. 好ましくない経歴・前歴。「過去を清算する」

  1. 仏語。三世 (さんぜ) の一。この世に生まれる前の世。前世。過去世。

  1. 文法で、ある時点(一般には現在)よりも以前の動作・状態を表す言い方。動詞の連用形に、文語では助動詞「」「けり」、口語では助動詞「」などを付けて言い表す。なお、英語などでは動詞の時制の一とする。

  1. 革帯などの留め金具。革緒の端を通す鉸具頭 (かこがしら) という鐶 (かん) と、革緒の穴に通す刺鉄 (さすが) とからなる。帯・甲冑 (かっちゅう) などに用いる。尾錠 (びじょう) 。かく。

  1. 馬具の部分の名。鐙 (あぶみ) の頭頂部の金具で、これを力革 (ちからがわ) に留め、鞍と鐙とをつなげる。かく。

律令制で、課口 (かこう) がいる戸。

出典:青空文庫