下に示した図。「下図参照」

三途 (さんず) の一。猛火で身を焼かれる地獄道のこと。

[名]
  1. 物の順序を示す語。また、その記号。数字。「二けたの数」

  1. 個々の事物が、全体または一定の範囲で、いくつ(何回)あるかということを表すもの。数量。「参加者の数を数える」「数多い候補者から選ぶ」「数が合わない」「はしたの数」

  1. 数量や回数が多いこと。多数。「数ある作品の中から選ばれる」「数をこなさないと間に合わない」「数で押し切る」「数を頼む」

  1. 価値あるものとして取り立てて認められる範囲。また、その範囲に入るものとして価値を認められるもの。「こんな苦労は物の数に入らない」

  1. 同類として数えたてられる範囲。仲間。「亡き数に入る」「正選手の数に加える」「子供は数に入らない」

  1. (多く「の」を伴って)種類などの多いこと。いろいろ。

    1. 「―の仏を見奉りつ」〈栄花・鳥の舞〉

[接頭]名詞に付いて、粗末な、ありふれた、安価な、などの意を表す。「数扇」「数雪駄」

出典:青空文庫