1. 身の半分。特に、魚の頭を切り、背骨を中心に両側に裂いた、その片方の身。半身 (はんみ) 。

  1. 片身頃 (かたみごろ) 」に同じ。

  1. 死んだ人や別れた人を思い出すよりどころとなるもの。残した品や遺品、また、遺児。「父の形見の万年筆」

  1. 過去を思い出させるもの。記念の品。「旅の形見とする」

[補説]作品名別項。→形見
  1. 肩と身。からだ。「肩身をすぼめる」

  1. 世間・他人に対する面目。

目を細かく編んだ竹かご。堅間 (かたま) 。勝間 (かつま) 。「花筐」

《原題、(フランス)Laisビヨンの詩。1456年頃の作。8音綴の8行詩。小遺言書。

出典:青空文庫