果実の外果皮が薄く、中果皮は多肉質で水分が多く、内果皮は硬く木質になるもの。桃・梅・桜など。石果。

勅語詔書などの年号の左上に、裁可したしるしとして、天皇が「可」という字を書くこと。また、その文字。

盛んに燃えている火。

《高殿 (たかどの) の下 (もと) の意。高貴な人を直接いうのをはばかり、その居所をさしていう語》高位高官の人に対する敬称。多く、将官の軍人や勅任官以上の文官に対して用いた。

[補説]作品名別項。→閣下
[副](スル)
  1. 火が盛んに燃えるさま。「炭火が―とおこる」

  1. ひどくほてるさま。「からだじゅうが―(と)する」

  1. 興奮して冷静さが失われるさま。逆上するさま。「あいつはすぐ―(と)するたちだ」

北条秀司の戯曲集。昭和15年(1940)刊。第4回新潮社文芸賞受賞。表題作のほか「高砂」「藤壺」などの作品を収める。

出典:青空文庫