• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
大道芸の一。江戸末期、住吉踊りの影響を受けて願人坊主が始めたもの。明治中期が全盛で、歌舞伎寄席にも取り入れられた。また、その際にうたわれる俗謡。
歌舞伎舞踊常磐津 (ときわず) 本名題「初霞空住吉 (はつがすみそらもすみよし) 」。河竹黙阿弥作詞、5世岸沢式佐作曲。明治19年(1886)東京新富座で9世市川団十郎が初演。