[ト・タル][文][形動タリ]堅い物どうしが触れ合う音。また、その音を立てるさま。
  • 「―たる馬蹄の響きが聞こえて」〈太宰・新釈諸国噺〉

[副]

  1. ある状態をかろうじて保っているさま。「かつかつの生活をする」

  1. 限度いっぱいで余裕のないさま。ぎりぎり。「開演にかつかつ間に合った」

出典:青空文庫