神仏が力を貸して守ってくれること。加護。

「もし、神明、仏陀 (ぶっだ) の―にあらずは、争 (いかで) か反逆の凶乱をしづめんのみ」〈平家・七〉

植物の芽。

「葦―の如く萌えあがる物に因りてなれる神」〈・上〉

《「かひ」とも》蚊やり火。 夏》

《「かひ」とも》植物の穂。特に、稲穂。

「初穂をば千 (ち) ―八百 (やほ) ―に奉り置きて」〈祝詞・祈年祭〉

《「牙 (かび) 」と同語源》有機物の上に生じる菌類またはその菌糸の集まり。糸状菌など、キノコを生じないものをさしていい、適当な温度と水分があれば無制限に成長を続け、至るところに発生する。 夏》「たらちねの母の御手なる―のもの/汀女

[補説]書名別項。→
[名・形動]はなやかで美しいこと。また、はなやかすぎて不相応なこと。また、そのさま。派手。「―を極める」「―な服装」

徳田秋声の長編小説。自身と妻をモデルとした私小説風の作品で、明治44年(1911)「東京朝日新聞」に連載。単行本は明治45年(1912)刊。著者の自然主義作家としての地位を確立した作品のひとつ。

出典:青空文庫