[名](スル)
  1. 自分より身分・年齢の低い者に対して物事を尋ねること。下聞 (かぶん) 。

    1. 「省内の事を種々 (いろいろ) ―されて」〈魯庵社会百面相

  1. 相手を敬って、その人の自分への質問をいう語。「国王から御下問がある」

銃砲の点火する口。火口 (ひぐち) 。

花を図案化した模様。花模様。

仏語。経論の本文を解釈する際に、その内容を説意によって大小の段落に分け、各部分の内容を簡単な言葉にまとめたもの。

  1. 一家全体。一家一門。「家門の誉れ」

  1. 家柄 (いえがら) 。家筋。

  1. 徳川将軍家の親族で、尾張(尾州)・紀伊(紀州)・水戸の三家、田安一橋清水の三卿 (さんきょう) を除く、越前松平家・会津松平家とその支流をいう語。

家々で定める紋。各家の紋所。

《「かもり」の音変化》

  1. 掃部寮 (かもんりょう) 」に同じ。

  1. 掃部寮の下級職員。

渦 (うず) の形の模様。渦巻き模様。

有職文様の一。数個の円弧形をつなぎ合わせた中に、唐花花菱などを入れたもの。木瓜 (もっこう) ともいわれ、家紋として用いる。→木瓜

[感]こちらに来るようにうながす言葉。さあ来い。おいでなさい。

出典:青空文庫