• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

植物の花から得られる揮発性の芳香油を、香りが消えないように脂肪油に吸着・固定させたもの。

水を多くして米を軟らかく煮たもの。「粥を炊 (た) く」「粥をすする」

[動ヤ下二]《「か(換)う」が、中世以降ヤ行に転じて用いられた語。終止形は「かゆる」となる例が多い》「か(換・替・代)える」に同じ。
  • 「先 (せん) にうったる宿札―・ゆる法はなけれども」〈浄・嫗山姥