花札の勝負で、初めに配られた7枚の札が、すべて点にならない素札 (すふだ) であること。

  1. スズメ目カラス科カラス属の鳥の総称。全長33~61センチ。全体に黒色か、黒に灰色や白色の部分をもつ。くちばしが大きく、雑食性。南アメリカとニュージーランドを除く世界中に約40種が分布。日本では、ハシブトガラスハシボソガラスが全国に生息する。

  1. 1が黒いところから》くろうと。

  1. 1の性質から》

    1. ㋐口うるさい人。

    2. ㋑よく物忘れをする人。

    3. ㋒意地のきたない人。

    4. ㋓その辺りをうろつく人。「旅―」

  1. 物の名などに付けて、色の黒いことを表す。「―猫」「―蛇」「―石」

[動サ五(四)]《「涸らす」と同語源》草木を枯れさせる。「丹精した植木を―・す」

[動サ五(四)]

  1. 水のかれた状態にする。「井戸を―・す」

  1. 乾燥させる。水分をなくする。

    1. 「鰹節でも―・しておくようなことを言って」〈紅葉・二人女房〉

  1. 持っている物などを出しつくす。「泣きすぎて涙を―・す」「才能を―・す」

[動サ五(四)]《「涸らす」と同語源》声をかすれさせる。「声を―・して叫ぶ」