• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

長谷健による小説。北原白秋の青春時代を描く。昭和29年(1954)「東京日日新聞」に連載。同年本作を原作とする映画が公開され、舞台である柳川が脚光を浴びた。単行本は昭和30年(1955)に刊行。続編に「邪宗門」「帰去来」がある。