• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、11月の五節 (ごせち) のときなどに、朝廷用の鳥獣を狩るために諸国に遣わされた使者。諸院・宮家からも派遣されたが、のちには禁止された。

《「漢書」蘇武伝の、匈奴 (きょうど) に捕らえられた前漢蘇武が、手紙をの足に結びつけて放ったという故事から》便り。手紙。かりのたまずさ。かりのたより。かりのふみ。雁書。雁信。雁使 (がんし) 。

「春草を馬咋山 (くひやま) ゆ越え来なる―は宿り過ぐなり」〈・一七〇八〉