1. 目方が軽いこと。

  1. 掃い墨に豆汁 (ごじる) をまぜ、藍ねずみ色の染料にしたもの。軽目墨 (かるめずみ) 。

木星の第11衛星。他の多くの衛星と逆行する公転軌道をもつ。1938年に発見。名の由来はギリシャ神話ゼウスの妻の一人。非球形で平均直径は約46キロ。

[名・形動]やや軽いこと。少し軽い感じがすること。また、そのさま。「軽めに飯を盛る」⇔重め