[形動][文][ナリ]草木が今にも枯れそうなさま。
  • 「激しい霜のために―になった桑畠の間を通して」〈藤村
[形動][文][ナリ]水の乾いていくさま。川の水などがなくなっているさま。「水の涸れ涸れな池」
[形動][文][ナリ]声がかすれるさま。声がかれ衰えるさま。
  • 「余命のなさそうな虫が…―に鳴いている」〈三重吉・小鳥の巣〉
[形動ナリ]男女の交際がとだえがちなさま。疎遠なさま。
  • 「―におはせしをだに、飽かず胸いたく思ひ侍りしを」〈・葵〉

出典:青空文庫