《「斂」は取り上げて納める意》租税などを厳しく取り立てること。

[名・形動]《「憐 (あわれ) むべき」の意から》姿・形がかわいらしく、守ってやりたくなるような気持ちを起こさせること。また、そのさま。「可憐に咲く野の花」「少女の可憐な瞳」
[派生]かれんさ[名]

台湾東部にある県。面積は最大だが峻厳な山地が海岸部までせり出す地形のため、人口は少ない。「花蓮薯」と呼ばれるサツマイモの饅頭が名物。ホワリエン。

出典:gooニュース

出典:青空文庫