水がかれること。「井戸涸れ」

声がかれること。「声の嗄れがひどい」

木星の第37衛星。2001年に発見。名の由来はギリシャ神話ゼウスの娘。非球形で平均直径は約2キロ。

[代]
  1. 男性をさす三人称の人代名詞。あの男。西欧語の三人称男性代名詞の訳語。「彼は君の弟かい」⇔彼女

  1. 三人称の人代名詞。明治時代まで男女の区別なく用いた。あの人。あれ。

    1. 「余はエリスを忘れざりき、否、―は日毎に書 (ふみ) を寄せしかばえ忘れざりき」〈鴎外舞姫

  1. 二人称の人代名詞。あなた。おまえ。

    1. 「―は、なむぞの人ぞ」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 遠称の指示代名詞。あの物。あれ。

    1. 「吾 (あ) が思 (も) ふ君がみ船かも―」〈・四〇四五〉

[名]恋人である男性。彼氏。「彼ができる」⇔彼女
[接]《代名詞「か」に動詞「あり」の已然形「あれ」の付いた「かあれ」の音変化。「かあれば」の意から》
  1. 前述の事柄を受けて、当然の結果としてあとの事柄が起きることを表す。ゆえに。だから。

    1. 「あづまはやと詔云 (の) り給ひき。―、その国を号 (なづ) けてあづまと謂 (い) ふ」〈・中〉

  1. 段落などの初めにおいて、事柄を説き起こすことを表す。さて。それで。

    1. 「大国主神…并 (あは) せて五つの名あり。―、此の大国主神の兄弟 (あにおと) 八十神 (やそがみ) 坐 (ま) しき」〈・上〉

出典:青空文庫