1. 中世、大名の家臣のうちの最重職。家中を総括する職。また、その者。年寄 (としより) 。家老職。

  1. 江戸時代、藩主を助けて藩政を行った重臣。複数で合議輪番制によった。城代家老江戸家老などがある。

身心を損ねるほど働きすぎて疲れがたまること。「過労から病気になる」

[動ハ四]背負う。かるう。
  • 「雇人 (やとひど) に―・はれ小宿さなへ往 (い) んだがの」〈浄・博多小女郎

出典:青空文庫