• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

あたりが暗い中で、川の表面だけがほのかに明るいこと。

[補説]書名別項。→河明り

岡本かの子の小説。著者没後に発見された遺稿で、昭和14年(1939)「中央公論」誌に発表。