[動ラ五(四)]《「変わる」と同語源》
  1. 今までそこにあった人やもののあとに、他のものが入る。入れかわる。交替する。「市長が―・る」「運転を―・る」「土地が金 (かね) に―・る」

  1. (代わる)ある役割を他のものがする。代理をする。「一同に―・ってお礼を述べる」「電車に―・ってバスが運行する」

[可能]かわれる
[動ラ五(四)]《「代わる」と同語源》
  1. 物事の形やようすなどが今までと違った状態になる。

    1. ㋐ある状態から他の状態に移る。変化する。「規約が―・る」「顔色が―・る」

    2. ㋑年月などが改まる。「月が―・る」「時代が―・る」

  1. ある場所・方向から他の場所・方向へ動く。「住まいが―・る」「別の会社に―・る」「風向きが―・る」「席を―・る」

  1. (多く「かわった」「かわっている」の形で)普通と比べて異なっている。一般的、標準的なものと違っている。「―・った趣向」「あの人は一風―・っている」

  1. 物事と物事との間に違いがある。異なる。「何ら動物と―・るところがない」「所―・れば品―・る」

  1. 相撲などで、相手にぶつからないように身をかわす。「右に―・ってはたき込む」

[可能]かわれる

出典:青空文庫