1. 官職位階。つかさくらい。

  1. 官等 (かんとう) 」に同じ。

江戸時代、幕府に仕えた医者。

  1. 冠 (かんむり) 位 (くらい) 

  1. 朝廷における席次を示す位階制度。冠位十二階に始まり、大宝元年(701)廃止。こうぶり。

寒さの勢い。寒気の激しさ。

「途次の―また察す可きなり」〈菊亭香水・世路日記〉

論理学で、定言的判断の変形による直接推理の一。ある判断から、主語を述語に、述語を主語として、新しい判断を導き出す推理。「ある男性は水泳選手である」から「ある水泳選手は男性である」を導いたり(単純換位)、「すべての物理学者は科学者である」から「若干の科学者は物理学者である」を導いたり(限定換位または減量換位)する類。ただし、特殊否定判断は換位できない。

物事を困難に屈しないでやり通すこと。敢行。

「勇猛心というよりか、―の気象と言った方が可 (よ) かろう」〈独歩・非凡なる凡人〉

ゆったりと大きく作った着物。

漢方医。

[名・形動]簡単で手軽なこと。また、そのさま。「簡易な包装」「簡易宿泊施設」
[派生]かんいさ[名]

樹木の幹まわりの寸法。多く、人間の目の高さ付近で測り、特にこれを目通り幹囲という。

衣服を洗うこと。また、洗った衣服。

出典:青空文庫