• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ほどよいときに降って草木を潤し育てる雨。慈雨。

鳥の頭の、周囲より長い羽毛。

寒々と降る冬の雨。

「―蕭々時に過ぎ、凍風烈々地に吼 (さけ) び」〈織田訳・花柳春話

鳥の羽毛が抜けかわること。ふつう繁殖期のあと、全身の羽毛に一定の順序で起こり、新羽に押し出されて旧羽が抜ける。羽がわり。