非常に感動してうれしく思うこと。

「誠に天下の重宝なりと―して」〈太平記・二八〉

[名](スル)選んで数え調べること。
[名](スル)調べ見ること。特に、軍隊などの状況を高官が査閲すること。「観閲式」