官吏の社会を広い海にたとえた語。

「―の風波穏かならず」〈紅葉・二人女房〉

官吏の社会。役人の世界。

官職の等級。

「唐風の衣服を官服と定め、―を定め」〈田口日本開化小史

律令制で、地方官の行政の実際と中央官庁の帳簿とを照合すること。かんえ。

[名](スル)
  1. 仏語。戒を受けるようすすめること。

  1. 勧誡 (かんかい) 」に同じ。

裁判官が、原告被告との間に立って民事上の争いを和解させる制度。明治8年(1875)創設、同23年廃止。現在の調停にあたる。

[名](スル)善に向かうようにすすめ、悪に陥らないよういましめること。
  • 「嘗 (かつ) て弥氏 (ミルレル) を―して曰 (いわ) く」〈中村訳・西国立志編
[名](スル)病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。または見かけ上消滅した状態。癌 (がん) 白血病など、再発の危険性のある難治の病気治療で使われる語。例えば、癌が縮小して症状が改善された状態を部分寛解、癌の症状がなくなり検査の数値も正常を示す状態を完全寛解という。→再燃4

ある事柄に接して心に抱く思い。「感懐を述べる」

会ってよろこびを交わすこと。また、楽しい会合。

「今宵の―も中々に忘られぬ思寝の涙なるべし」〈樗牛滝口入道

四方を海に囲まれていること。また、その海。海に囲まれた国をもいう。

[名](スル)戒めとすること。また、戒めとすべき手本。

水温の比較的低い海。⇔暖海

出典:青空文庫