[名](スル)意見などが食い違うこと。互いに相手を受け入れないこと。
  • 「決して齟齬 (そご) し―する者で無いと」〈二葉亭浮雲

見る人。見物人や読者など。

「編者延房―に謝して云 (いわ) く」〈染崎延房・近世紀聞〉

遺体を納める箱。ひつぎ。

「家貧にして―の供 (そなえ) だに為したまう能わず」〈露伴運命

  1. 物と物とのあいだの距離。「間隔を置いて並ぶ」「前の車との間隔を取る」

  1. 物事と物事とのあいだの時間。「五分間隔で出発する」

暇のある人。ひまじん。

「富貴の―多く茲 (ここ) に住して」〈織田訳・花柳春話

  1. 外界からの光・音・におい・味・寒温・触などの刺激を感じる働きと、それによって起こる意識。視覚聴覚嗅覚 (きゅうかく) 味覚触覚や、温覚冷覚痛覚など。「寒さで指の感覚がなくなる」

  1. 美醜やよしあし、相違などを感じとる心の働き。センス。感受性。「日本人の感覚では理解しにくい」「感覚が鋭い」「新感覚のデザイン」

  1. (他の名詞の下に付いて)

    1. ㋐それを感じ取る心の働き。「バランス感覚」「金銭感覚」

    2. ㋑そういう心構えや雰囲気。気分。「学生のアルバイト感覚でいられては困る」

出典:青空文庫