日本や中国の古い刊本で、出版の時・場所・刊行者などを記した部分。現在の奥付や洋書の標題紙に相当する。

浄瑠璃国性爺合戦 (こくせんやかっせん) 」中の人物。国性爺和藤内 (わとうない) の姉の錦祥女 (きんしょうじょ) の夫。韃靼 (だったん) 国の将軍だったが、和藤内の明朝再興を助ける。

官吏が職務上守るべき規律。「―を粛正する」

ある地域の1年のうちで、雨量の極少月を含む時期・季節。熱帯ではその半球側の冬、亜熱帯では夏あるいは冬に現れる。→雨季

主君・主人・父親などの怒りに触れ、とがめを受けること。また、その怒りやとがめ。「勘気をこうむる」「勘気に触れる」

寒さ。寒さの程度。また、冷たい空気。「寒気がゆるむ」「寒気にさらされる」 冬》

[名](スル)呼び起こすこと。呼び覚ますこと。「注意を喚起する」「世論を喚起する」
[名](スル)建物などの内部の汚れた空気を排出して、外の新鮮な空気と入れかえること。「窓を開けて換気する」
[名](スル)感激して喜ぶこと。
  • 「某氏―に堪 (た) えず、ただ打ち伏して泣き居たり」〈中村訳・西国立志編

視野が狭いこと。見識がないこと。管見。

[名](スル)
  1. 非常に喜ぶこと。また、心からの喜び。「歓喜して躍り上がる」

  1. かんぎ(歓喜)

出典:青空文庫