かん高い声。高くひびく声。

「錆を含んだ、芸人らしい―を絞って」〈谷崎・幇間〉

僧や邦楽を学ぶ人が、寒中に声を出してのどを鍛えること。また、その声。 冬》「―に嗄 (か) らせし喉を大事かな/虚子

寒中に、農作物や庭木に施す肥料。かんごやし。 冬》「―や花の少き枇杷 (びは) の木に/素十

癇癪 (かんしゃく) を起こしたときの高い声。「癇声でしかりつける」

出典:青空文庫