[名](スル)けが人や病人の手当てや世話をすること。「手厚い看護を受ける」「病人を看護する」「寝ずに看護する」
[用法]看護・[用法]看病――「一晩中寝ずに病人の看護(看病)をした」の場合には相通じて用いられる。◇「看護」は「看病」より意味が広く、「出産したばかりの妻を看護する」「年老いた父の看護にあたる」のように用いる。◇類似の語に「介抱」「介護」がある。「介抱」は一時的に相手の世話をするような場合にいう。「脳貧血で倒れた友達を介抱した」「酔っ払いを介抱する」の場合は「看護」「看病」はふさわしくない。「看護」「看病」が見守ることなども含むのに対し、「介抱」は具体的に世話をするという意味合いが強い。◇「介護」は一般的に「寝たきり老人の介護」など病院以外での介抱や看護についていうことが多い。

親しく語り合うこと。

「心骨蕩然として悠悠―」〈東海散士佳人之奇遇

[名](スル)
  1. 静かに話をすること。閑談。

  1. むだばなし。閑話。

[名](スル)感じてさとること。
  1. 日本語の中で、字訓ではなく、字音で読まれる語。また、字音で読まれる漢字から成る熟語。昔、中国から伝わり日本語として定着したもののほかに、日本で作られたものもある。字音語。→和語 (わご) 外来語

  1. 中国の漢民族の言語。中国語。

喜び楽しむこと。

「偶々 (たまたま) 外国に遊行して一時―を極むる」〈織田訳・花柳春話

楽しい語らい。歓談。

「笑い声と歌声と―の声が沸き返り」〈谷崎・少将滋幹の母〉

[名](スル)監督し、保護すること。

朝鮮語のこと。

出典:青空文庫