1. 律令制で、神祇官 (じんぎかん) の神名帳に記載されていて、祈年祭 (としごいのまつり) 月次祭 (つきなみのまつり) 新嘗祭 (にいなめさい) などを行った神社。官帳社。式内社。

  1. 明治以後の官幣社国幣社の総称。

  1. 国や自治体が建てた公務員の宿舎。公務員住宅。

  1. 役所。役所の建物。

    1. 「小さき僧、阿清を引きて―の外に出でて」〈今昔・一七・一八〉

[名](スル)ありがたいと思う気持ちを表すこと。また、その気持ち。「感謝の心」「深く感謝する」

建物。やかた。

[名](スル)高い所から見下ろして射撃すること。

罪人を護送する、檻 (おり) のようになった車。

《「かんじゃ」とも》見物人。

「―唯だ其箱に注目して」〈服部誠一・東京新繁昌記〉

出典:青空文庫