巻物や書物の初め。巻頭。⇔巻尾

[名](スル)
  1. 見守ること。また、その人。

    1. 「竈傍 (そうぼう) に在りて、―して去らず」〈中村訳・西国立志編

  1. 刑務所などで、囚人の監督・警備などに従事する法務事務官

[名](スル)見てそれと知ること。観取。「相手の言動からその意図を看取する」
[名](スル)感覚で理解すること。感じ取ること。「春の息吹を感取する」

貫首 (かんじゅ) 1」に同じ。

[名](スル)保管し守護すること。また、その人。
  • 「幸にボルゲエゼの館の―、門番など皆識りたれば」〈鴎外訳・即興詩人
[名](スル)監督し、守護すること。また、それをする人。

囲碁・将棋で、相手に打撃とならない手。ぬるい手。

旅館や映画館など、「館」とよばれる所の主人、持ち主。

[名](スル)見て知ること。看取。
  • 「学生、農民、労働者の騒擾 (そうじょう) に依りて、乞う其一端を―せられよ」〈木下尚江火の柱

軍艦のへさき。⇔艦尾

出典:青空文庫