[名](スル)出された食物を残さず食べること。「一粒も残さずどんぶり飯を完食する」
  1. 官と職。官は職務の一般的種類、職は担当すべき職務の具体的範囲を示す呼び方。

  1. 国の機関において、公務員が具体的な職務と責任をもって占める地位。「官職を得る」

  1. 空気の流通の悪い所に貯蔵したときに生じる木材の腐食。

  1. 金属表面に高温のガスが接触することで生じる腐食。酸化物の被膜が生成され、金属表面と酸化物層の間の局部的な電位差によって腐食が進行する。⇔湿食

寒い感じを与える色。青や、その系統の色。→暖色

古代中国で、冬至から105日目に、火気を用いないで冷たい食事をしたこと。そのころは風雨が激しいので火災予防のためとも、また、一度火を断って新しい火で春を促すためともいう。 春》「―や壺の底なるししびしほ/虚子

  1. 原色と原色との間の、柔らかい感じの色。2種以上の原色の混合によって生じる色。中間色。

  1. 画面の調和を保つため、光の当たっている部分と陰とを、柔らかくつなぐ色。

  1. 正色 (せいしょく) 以外の色。正色を混合した色。

[名](スル)きまった食事と食事との間に物を食べること。あいだぐい。

仕事の暇な職務。重要でない職務。「閑職にまわされる」

[名](スル)
  1. 外界の物事に触れて心に感じること。

    1. 「自己以外のものの生命の存在に―して以来」〈倉田愛と認識との出発

  1. 物事の雰囲気などからそれとなく受ける感じ。印象。「議案が通りそうな感触を得る」

  1. 手や肌に触れた感じ。手ざわり。肌ざわり。「カシミアの柔らかい感触」

出典:青空文庫