官吏になること。仕官。

  1. 役人。官吏。

  1. 役所。

公事と私事。政府と民間。官立と私立。

英語・ドイツ語・フランス語・イタリア語・スペイン語のようなゲルマン語派ロマンス諸語などで、名詞につけて、これにある限定を加える語。不定冠詞定冠詞部分冠詞などがあり、また、・数・などの変化に応じて交代する。

[名](スル)気をつけて見ること。

貧しい人。

「宵越の銭はつかわぬという風 (ふう) なれば、われ等が如 (ごと) き―の家には向くべくもあらず」〈荷風・かたおもひ〉

脊椎動物において歯が生え換わる現象。多くの哺乳類では一度だけ乳歯から永久歯に抜け換わるが、ネズミ類では歯が一生涯伸びつづけるため換歯はしない。哺乳類以外では、摩耗すれば何回でも新しい歯に換わる。

死を覚悟すること。決死。

「我輩―これに従い君側の奸を除き」〈染崎延房・近世紀聞〉

《「款」は陰刻の銘、「識」は陽刻の銘》

  1. 鐘や鼎 (かなえ) などに刻した文字。銘。銘文。

  1. 書画に筆者が署名、捺印 (なついん) すること。また、その署名、捺印。落款 (らっかん) 。かんしき。

  1. 木の幹 (みき) と枝。

  1. 干支 (かんし) 」に同じ。

  1. 中国の詩。一句が四言・五言、または七言からなるのが普通で、平仄 (ひょうそく) 脚韻などの規則がある。古詩楽府 (がふ) 絶句排律などの種類がある。また、それをまねて日本で作った詩。からうた。

  1. 中国代の詩。

はさみに似た形の金属性の医療器具。手術や治療のときに、器官や組織などを挟み、牽引 (けんいん) したり圧迫したりするのに用いる。止血には先端部に鉤 (かぎ) のあるコッヘル鉗子と、鉤のないペアン鉗子がよく使われ、産科鉗子は大きなさじ状部をもつ。

中国古代の政治論集。管仲の著とされるが、成立は戦国時代法家道家儒家思想をまじえた政治・経済・倫理を述べたもの。86編のうち、76編が現存。
  1. 鎮守府将軍唐名

  1. 監視する者。

    1. 「緑衣の―宮門を守 (まぼ) る」〈平家・灌頂〉

[名](スル)
  1. 警戒して見張ること。また、その人。「監視の目が光る」「火山活動を監視する」

  1. 旧刑法で、出獄者の再犯防止のために採用されていた付加刑。一定期間は住居移転の自由を禁じるなどの措置を内容とする。

[名](スル)いさめて思いとどまらせること。「暴挙を諫止する」
[名](スル)死んでいさめること。また、死を覚悟していさめること。
[名](スル)大勢が周りを取り囲んで見ること。「衆人環視の中」
  • 「家内じゅうのものが寄り集まってこの大きな奇蹟を―した」〈寅彦・子猫〉
[名](スル)見下ろすこと。俯瞰 (ふかん) 。
  • 「四方の群山を脚下に―す」〈独歩・欺かざるの記〉

出典:青空文庫