心が曲がっていて、よこしまなこと。また、その人。

「将帥 (しょうすい) 外に傲 (おご) り、―間 (あいだ) に私 (わたくし) すれば」〈露伴運命

  1. 元服して冠をつけた少年。転じて、若者。若輩。かじゃ。

    1. 「その―しかるべき所に宮仕へしける程に」〈今昔・二九・一一〉

  1. 六位で無官の人。

    1. 「匡房卿はいまだ無官にて、江―とてありけるを」〈十訓抄・一〉

  1. 召使いの若者。

    1. 「郎等―ばら、主の心を知りて恐れて是をとかず」〈略本沙石集・八〉

よく物事に気がついて頭の切れる人。勘のよい人。

「人の気のつかぬ所をさりとは名誉の―と」〈浮・武家義理・三〉

病気やけがの治療を受ける人。医師の側からいう語。クランケ。「入院患者」

敵方のようすをひそかに探る者。間諜 (かんちょう) 。スパイ。「他領に間者を放つ」

出典:青空文庫