僧が願主の依頼で読誦 (どくじゅ) した経文・陀羅尼 (だらに) などの題目・巻数・度数などを記した文書または目録。木の枝などにつけて願主に送る。神道にもとりいれられ、祈祷師は中臣祓 (なかとみのはらえ) を読んだ度数を記し、願主に送った。かんず。

《「かんしゅ」とも。貫籍の上首の意から》

  1. 天台座主 (ざす) の異称。のちに、各宗総本山や諸大寺の住持にも用いられる。貫長。管主。

  1. かしらに立つ人。

    1. 「顔回は―の弟子にて」〈曽我・一一〉

  1. 蔵人頭 (くろうどのとう) の異称。かんず。

    1. 「―以下 (いげ) 怪しみをなし」〈平家・一〉

潮干 (しおひ) る珠 (たま) 」に同じ。→満珠 (まんじゅ) 

「―を取り、海上に擲 (な) げ給ひしかば、潮水遠く退いて」〈太平記・一〇〉

[名](スル)やむをえないものとしてあまんじて受け入れること。「苦言を甘受する」

政府の需要。官公庁の需要。また、その物資。⇔民需

朝廷・幕府に仕える儒者。

[名](スル)
  1. 印象などを感じて心に受けとめること。

    1. 「稲妻のように鋭く葉子はこの男の優越を―した」〈有島或る女

  1. 外界の刺激を感覚器官によって受け入れること。「光を感受する」

  1. 中国、漢代の儒者。

  1. 中国の儒学者。また、日本の儒学者。

    1. 「書遺 (かきのこ) したものなどを見れば真実正銘 (しょうみょう) の―で」〈福沢福翁自伝

出典:青空文庫