• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸幕府の役所。勘定奉行を長官とし、幕府財政の運営、幕領の租税徴収・訴訟などを主要任務とした。城内と大手門内の2か所にあった。

  1. 取引に関して、勘定計算を記した書類。

  1. 勘定書き」に同じ。

南北朝時代、北畠親房 (きたばたけちかふさ) の書状。1巻。興国3年(1342)執筆。親房が常陸 (ひたち) の関 (せき) 城から磐城 (いわき) の白河の結城親朝 (ゆうきちかとも) へ送り、時勢を説きながら援軍を頼んだもの。