《「かんしょう」とも》昇殿を止められていた殿上人が、再び昇殿を許されること。還 (かえ) り殿上。かんじょ。げんじょう。

「―して侍りける人のもとに」〈千載・雑中・詞書〉

(梵)abhiṣecana, abhiṣekaの訳。昔インドで、国王の即位や立太子の儀に、四大海の水をその頭頂に注いだ儀式から》

  1. 仏語。

    1. 菩薩が仏位に登るとき、法王の職を受ける証として諸仏が智水を頭に注ぐ儀式。

    2. 密教で、香水 (こうずい) を頭に注ぐ儀式。灑水杖 (しゃすいじょう) という棒の先に水をつけて頭に軽くあてる。受戒するときや修行者が一定の地位に上るときに行う。結縁 (けちえん) 灌頂伝法 (でんぼう) 灌頂などがある。

    3. ㋒墓石に水を注ぎかけること。

  1. 雅楽・平曲・音楽や和歌などで奥義や秘伝などを授けること。

《「詩経」周南・兎罝から。「干」は盾の意》国家を防ぎ守る軍人や武士。

「誠に国家の―と云いつ可き将軍なり」〈蘆花不如帰

《「礼記」曲礼上の「席の間丈 (ぢゃう) を函 (い) る」から。師から1丈も離れて座る意》師または目上の人に出す書状の脇付 (わきづけ) とする語。

冠のような形。かんむりがた。

考えた結果を書き記したもの。

「いまだ―を進ぜずして」〈立正安国論

[名](スル)
  1. 物の数量、または金銭を数えること。「売上金の勘定が合わない」「人員を勘定する」

  1. 代金を支払うこと。また、その代金。「勘定を済まして店を出る」

  1. 他から受ける作用や、先々生じるかもしれない事態などを、あらかじめ見積もっておくこと。「列車の待ち時間を勘定に入れて行動する」

  1. いろいろ考え合わせて出た結論。「うまくいけばみんなが得をする勘定だ」

  1. 簿記で、資産・負債・資本の増減、収益・費用の発生を記録・計算するために設ける形式。

官位・恩賞などを望み、または訴訟の趣旨を記した嘆願書。かじょう。

「九条相国伊通 (これみち) 公の―にも、ことなる事なき題目をも書きのせて、自讃せられたり」〈徒然・二三八〉

[名](スル)
  1. 神仏の来臨や神託を祈り願うこと。また、高僧などを懇請して迎えること。

  1. 神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること。「熊野権現 (くまのごんげん) を勧請する」

戦功のあった者に対して、主家や上官が与える賞状。中世では、多く知行 (ちぎょう) を与える旨を記した書状をさした。感書 (かんじょ) 。

物事に感じて起こる気持ち。外界の刺激の感覚や観念によって引き起こされる、ある対象に対する態度や価値づけ。快・不快、好き・嫌い、恐怖、怒りなど。「感情をむきだしにする」「感情に訴える」「感情を抑える」「国民感情を刺激する」

くだのような形。くだじょう。

輪のような円い形。

軍艦の上。また、軍艦の上の部分。

[名・形動]簡単ではっきりしているさま。わかりやすいさま。「簡浄素朴」

出典:青空文庫