揚巻 (あげまき) に結った幼女。童女。

「年未だ十五に過ぎざる童男―」〈太平記・二六〉

宮中、または将軍家などに仕える女。女官 (にょかん) 。かんにょ。

《「かんしょ」とも》

  1. 静かな場所。人のいない所。

    1. 「睛 (せい) (=ヒトミ)を―に転ずる気紛 (きまぐ) れの働ではない」〈漱石虞美人草

  1. 便所。かわや。

    1. 「信玄公、御用心の御ためやらん、御―を京間六帖敷きになされ」〈甲陽軍鑑・三三〉

感状 (かんじょう) 」に同じ。

中国二十四史の一。前漢の歴史を紀伝体で記した書。80年ころ成立。後漢班固 (はんこ) が撰し、妹の班昭らが補った。本紀13・表10・志18・列伝79の全120巻。後世の史書の模範とされた。前漢書。西漢書。

[名・形動](スル)
  1. 心が広くて思いやりのあること。また、そのさま。

    1. 「勇気ある人はその心―にして」〈中村訳・西国立志編

  1. 過ちなどをとがめだてしないで許すこと。「御寛恕を請う」

[形動][文][ナリ]ゆるやかで静かなさま。動作などがゆっくりしているさま。
  • 「地盤の運動は割合に―で」〈寅彦・化け物の進化〉

出典:青空文庫