腹黒く悪賢い人物。

暇のある人。俗用を離れ、ゆっくりした生活をしている人。ひまじん。

「往来の木陰で―たちの盛んに弁じている声が」〈中島敦・弟子〉

[名](スル)
  1. 人々に仏の道を説いて勧め、善導すること。

  1. 堂塔・仏像などの建立・修理のため、人々に勧めて寄付を募ること。勧化 (かんげ) 。「勧進して本堂を建立する」

  1. 僧の姿で物乞いをして歩くこと。また、その人。また、単に物乞いのこと。

    1. 「―してやうやう袂 (たもと) に米ばかり」〈浮・娘気質・六〉

  1. 漢民族。漢族。

  1. 中国人。

仏語。観法の一。自己の内心の本性をよく観察すること。天台宗で重んじる。

朝鮮の人。朝鮮人。

[名・形動]《肝臓と心臓や腎臓は、人体にとって欠くことのできないものであるところから》最も重要なこと。また、そのさま。肝要。「―な話」「慎重に対処することが―だ」
[名・形動]心が広く、情け深いこと。また、そのさま。かんにん。「寛仁な人」

《「かんしん」とも》朝廷で、儀式や行事などの先例、典故、日時、吉凶などについて上申すること。勘進 (かんしん) 。