甘言 (かんげん) 」に同じ。

[名](スル)かんち(完治)
  1. 律令制下、寺を維持していく費用をすべて官から支給され、かつ監督された寺。国分寺勅願寺定額寺など。

  1. 幕府の保護を受けていた寺。中世、臨済宗五山十刹など。

官府の勤め。役所の仕事。

「―の暇あるごとに」〈鴎外舞姫

  1. ある語の前にあって、その語を修飾する言葉。

  1. 枕詞 (まくらことば) 。

《動詞「かん(寒)ずる」の連用形から》寒さが身にしみること。また、その寒さ。

「今年は別して―が強いのと」〈秋声・新世帯〉

暇な事柄。無用のこと。むだごと。

平安後期、堀河天皇の時の年号。1087年4月7日~1094年12月15日。

  1. 会などの世話役。「忘年会の幹事」

  1. 業務を中心となって担当する役。「政党の幹事長」

  1. 感覚器官に受ける刺激によって生じる反応。感覚。「指先の感じがなくなる」「舌をさすような感じがある」

  1. 物事を見聞したり、人に接したりしたときに受ける気持ち。印象や感想。「感じのいい人」「春らしい感じの日ざし」

  1. 刺激に対する反応。「感じが鈍い」

  1. その物事に特有の雰囲気。「母親役らしい感じが出る」「ピッチングの感じをつかむ」

中国語を表すため、漢民族の間に発生・発達した表意文字。現在は中国・日本・韓国などで使われる。起源は紀元前十数世紀にさかのぼり、成り立ちからみて、象形指事形声会意仮借 (かしゃ) などの種類があるとされる。周辺諸国に伝わり、さまざまな影響を及ぼした。日本では、これから片仮名平仮名などの音節文字が生み出され、「峠」「働」などの和製漢字(国字)も作られた。真名 (まな) 。本字。

  1. 団体の庶務をつかさどる役。

  1. 法人の財産や理事の業務執行の状況を監査する機関。株式会社監査役にあたる。

[ト・タル][文][形動タリ]にっこりと笑うさま。ほほえむさま。「莞爾として笑う」