[動サ変][文]かん・す[サ変]《木を刻む意から》板行する。刊行する。出版する。「故人の詩文を集録して―・する」
[動サ変][文]くゎん・す[サ変]
  1. そのものを限定する言葉や、名称・称号・文字などを、上につける。「企業名を―・した競技大会」

  1. 冠 (かんむり) をのせる。転じて、元服する。

[動サ変][文]かん・す[サ変]
  1. 婦女子を犯す。

  1. 姦通する。

[動サ変][文]くゎん・す[サ変]
  1. 取り締まる。管轄 (かんかつ) する。

    1. 「学事を―・せり」〈田口日本開化小史

  1. 心にかける。

    1. 「狂と呼び癡 (ち) と喚 (よ) ぶ。敢て―・せず」〈逍遥当世書生気質

[動サ変][文]かん・す[サ変]《竹ではさむ意から、「口を箝する」の形で用いて》声を出さない。また、発言させない。
[動サ変][文]くゎん・す[サ変]関係がある。かかわる。「将来に―・する問題」「映画に―・しては、ちょっとうるさい」「我―・せず」
[動サ変][文]かん・す[サ変]監督する。気をつける。
  • 「藤田兄は病稍や愈 (いえ) て社務を―・し」〈竜渓経国美談
[動サ変][文]かん・す[サ変]
  1. (「口を緘する」の形で)口を閉じる。黙る。「口を―・して語らない」

  1. 封をする。「固く―・した封書」