うまい水のある井戸。転じて、才能のすぐれた者のたとえ。

サッカリンのこと。

《昔、中国で、火にあぶって汗のように染み出る油を取り去った青竹に文字を書いたところから》記録。史書。汗簡。殺青 (さっせい) 。

[名](スル)完全に出来上がること。すっかり仕上げること。「完成を見る」「ビルが完成する」「大作を完成する」

行政機関の設置・廃止・名称・組織・権限などに関する規定。明治憲法下においては勅令で定めていたが、現在は法律で定める。

政府が作ること。また、そのもの。「官製の団体」⇔私製

  1. 動物などを落ち込ませる、おとしあな。「陥穽にはまる」

  1. 人をおとしいれる策略。わな。「詐欺師の仕掛けた陥穽に陥る」

植物が乾燥した場所に生育すること。⇔湿生

空気中ですぐに乾燥する性質。また、水分をあまり含まない性質。「乾性塗料」⇔湿性

貧しい書生。また、自分の謙称。

  1. 寒そうな声。寒さを感じさせる声。

  1. 寒さを感じさせる風や水の音。

興奮したり驚いたりしたときに発する叫び声。「群衆が喚声をあげる」

大勢で突撃するときなどにあげる叫び声。鬨 (とき) の声。「喊声を発して突入する」

雌雄異体の種で、雌と雄との中間の形質をもつ異常個体。性染色体異常などによって起こるが、体細胞の遺伝子構成は正常で、体のどの部分の細胞も同一型の遺伝子をもつ点が雌雄同体・雌雄モザイクとは異なる。

江戸中期、光格天皇の時の年号。1789年1月25日~1801年2月5日。

  1. 物事を心に深く感じ取る働き。感受性。「感性が鋭い」「豊かな感性」

  1. 外界からの刺激を受け止める感覚的能力。カント哲学では、理性・悟性から区別され、外界から触発されるものを受け止めて悟性に認識の材料を与える能力。

外力が働かなければ、物体はその運動状態を保つという性質。惰性。

[名](スル)
  1. 国家または特定の機関が、必要に応じてある事柄を強制的に管理し、制限すること。「通信を管制する」「灯火管制」「報道管制を敷く」

  1. 空港で、航空機と交信しながら離着陸などの指示をすること。「管制官」

喜びを抑えきれずに叫ぶ声。歓呼の声。「歓声をあげる」

いびき。いびきをかく音。

「雷のごとき―を立てて熟睡した」〈中島敦李陵

檻 (おり) と落とし穴。

[形動][文][ナリ]もの静かで、しとやかなさま。
  • 「かように―の態度で、有と無の間に逍遥しているのだろう」〈漱石草枕
[形動][文][ナリ]もの静かで、落ち着いたさま。「閑静な町並み」
[派生]かんせいさ[名]

冷たく冴え渡る空に光る星。 冬》

一度止まった植物の生長点が再活性化する現象。バラやキクの花の中に不定芽が生じ、もう一つの花が咲くなどの例がある。「貫生花」

味に甘みがあること。食品などが、発酵による酸味が生じない製法で作られていること。「甘性バター」

出典:青空文庫