[名](スル)欠点をついてあれこれと批判・非難すること。
「此顔触 (かおぶれ) なら―する処無かろうと思う」〈魯庵社会百面相

善行を奨励すること。「勧善の教訓」

[名・形動](スル)
  1. 欠けたところや足りないところがまったくないこと。必要な条件がすべてそろっていること。また、そのさま。「完全を期す」「完全な形で保存する」「完全に失敗だ」

  1. 欠点などのないようにすること。

    1. 「その人と為 (なり) を―するに於て」〈中村訳・西国立志編

[形動タリ]解けるさま。
[ト・タル][文][形動タリ]にっこり笑うさま。莞爾 (かんじ) 。
[ト・タル][文][形動タリ]困難や危険を伴うことは覚悟のうえで、思い切って行うさま。「敢然と難局に立ち向かう」
[ト・タル][文][形動タリ]喜ぶさま。
  • 「二郎は―として笑い」〈独歩・おとづれ〉

出典:青空文庫