あせも。

[名](スル)
  1. 競技などで最後まで走り抜くこと。「フルマラソンを完走する」

  1. 俗に、長期にわたる物事を最後までやりとげること。

太政官から天皇に申し上げること。平安時代の重要な朝儀であったが、のちに、田の荒熟(凶豊)の状況を奏上し、減税を奏請するものなどに限定されるようになった。かんのそう。

  1. 国家から度牒 (どちょう) を得て、公に出家を認められた僧。私度 (しど) 僧に対していう。

  1. 僧正 (そうじょう) ・僧都 (そうず) などの官位を授けられた僧。

  1. 勅許を得て、袍 (ほう) ・裳 (も) ・素絹 (そけん) などの官服または錦襴 (きんらん) の袈裟 (けさ) を着用する僧。律僧に対していう。

梅毒による陰部のただれ。

かわかした草。ほしくさ。

[名](スル)
  1. かわくこと。湿気や水分がなくなること。「空気が乾燥する」「乾燥地」

  1. かわかすこと。「洗濯物を乾燥する」

[名・形動]味わいやおもしろみのないこと。また、そのさま。「無味乾燥」
    1. 「武士道という―で不自然な道徳」〈有島・宣言〉

冬の草。枯れた草。 冬》

[名](スル)部品や装備を、性能の異なる他の部品や装備に取り換えること。「パソコンのOSを換装する」

一曲の途中に挟んで器楽だけで演奏される部分。

もの静かな窓。ひっそりとした静かな住まい。

「―の月に嘯 (うそぶ) けば」〈太平記・三七〉

物事について、心に感じたことや思ったこと。所感。「感想を述べる」「読書感想文」

[名](スル)その人の出発を喜び、励まして送ること。「歓送会」
  • 「あの空地で―されて行った青年の幾人かを知っていた」〈秋声縮図
[補説]「歓迎」に対して造られた語。

牢屋 (ろうや) 。監獄

[名](スル)手を洗い、口をすすぐこと。身を清めること。
  • 「婦の早起―する時より、深更寝に就く時に至るまで」〈鴎外訳・即興詩人

詩歌や文章。

争ってまでも強く目上をいさめること。

「策士論客は将軍に謁して一戦の奮発を促がし、―の極、声を放って号泣する」〈福沢福翁自伝

[名](スル)送り返すこと。送還。「母国に還送する」
  1. 容貌 (ようぼう) ・骨格などから、その人の性質・運命などを判断すること。人相を見ること。

  1. 連句の付け方の八体の一。世相・人生の悲喜哀楽を観じた付け方。→七名八体 (しちみょうはったい) 

[名](スル)
  1. 仏語。特定の対象に向けて心を集中し、その姿や性質を観察すること。観念。

  1. そのものの真の姿をとらえようとして、思いを凝らすこと。「人生を観想する」

  1. テオーリア

出典:青空文庫