久しく降雨がなく日照りが続くこと。また、その空。ひでりぞら。 夏》

《「官設美術展」の略》政府が主催する美術展覧会。日本では、明治40年(1907)、日本画・洋画・彫塑の総合展である文部省美術展覧会(文展)が開始。大正8年(1919)帝国美術院展覧会(帝展)と改称。その後、新文展、日展(日本美術展覧会)を経て、昭和33年(1958)から民間団体である社団法人「日展」の運営となり、官設展は消滅した。→日展

  1. 寒い冬の空。寒空 (さむぞら) 。冬天。 冬》

  1. テングサなどの煮汁を凍結・乾燥させた食品。煮溶かしてゼリー状とし、蜜豆水羊羹などの菓子の材料とする。また、微生物の培養基や写真工業など利用は広い。

情けある取り扱い。また、寛大な法的な処置。「寛典に浴する」

天の川のかかって見える空。

「―既にひらきて、雲東嶺にたなびき」〈平家・七〉

物事を見たり考えたりする立場。見地。「環境保護の観点に立つ」「観点が違う」

出典:青空文庫