平安後期、後朱雀 (ごすざく) 天皇後冷泉 (ごれいぜい) 天皇の時の年号。1044年11月24日~1046年4月14日。

[名](スル)
  1. 奥深い道徳や真理などを感じ悟ること。「自然の摂理を感得する」

  1. 信心が神仏に通じて、宿願がかなえられること。

  1. 思いがけなく手に入れること。

    1. 「為朝鵜丸の剣を―し給ひし事」〈読・弓張月・残〉

[名](スル)
  1. 取り締まったり、指図をしたりすること。また、その人や機関。「工事現場を監督する」「試験監督」

  1. 映画・舞台・スポーツ競技などで、グループやチームをまとめ、指揮・指導する役の人。「撮影監督」

  1. 日本の聖公会メソジスト教会における第二次大戦前の職制名。主教司教にあたる。

  1. 法律で、人または機関の行為が、その守るべき義務に違反していないか、その目的達成のために適当か否かを監視し、必要なときには指示・命令などを出すこと。

[補説]書名別項。→監督

海老沢泰久のスポーツ小説。昭和54年(1979)刊。広岡達朗をモデルに、弱小球団を立て直す闘将の姿を描く。

出典:青空文庫